高齢者住宅の建設サポート

高齢者住宅(とりわけサービス付き高齢者向け住宅)は、まず、建設予定地の市場調査を行います。そして、運営可能と判断した場合に、土地オーナーが銀行借入れにより建設し、医療法人・介護法人が一括借り上げをします。いわゆる「リースバック方式」で行うのが大半です。

1.完成までワンストップサポート

 ■運営会社が医療法人の場合、

   @介護圏市場調査

   A「サ高住」のコンセプト設定 

   B事業計画・事業収支の作成 

   C基本設計  

   D地主(土地オーナー)との賃料交渉 

   E都道府県との事前協議、国交省との補助金申請代行 

   F介護部門である訪問介護事業所・居宅支援事業所の申請代行 

   Gサ高住の人員配置・各種規定・各種契約書の作成、

   H集客計画

   をワンストップでサポート!

 ■運営会社が介護系法人の場合

   @建設地の紹介

   A地主(土地オーナー)の銀行借入れ交渉

   B地主(土地オーナー)との賃料交渉

   C「サ高住」の基本設計等

   の情報提供を致します

 

     お問合せ・ご質問: サービス付き高齢者向け住宅研究所