はじめに

高齢化が急速に進む中で、高齢の単身者や夫婦のみの世帯が増加しており、介護・医療と連携して高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが極めて重要である一方、サービス付きの住宅の供給は、欧米各国に比べて立ち後れているのが現状です。

 このため、高齢者の居住の安定を確保することを目的として、バリアフリー構造等を有し、介護・医療と連携し高齢者を支援するサービスを提供する「サービス付き高齢者向け住宅」の都道府県知事への登録制度を国土交通省・厚生労働省の共管制度として創設しました。

サービス付き高齢者向け住宅研究所(SKJケアラボ)は、高齢化社会に対応しつつ、医療法人・介護法人が「サービス付き高齢者向け住宅」を媒体とする介護分野への進出を支援いたします。

 

  (1)コンサルティング業務

     医療法人・介護系法人が、サービス付き高齢者向け住宅の経営に

     進出する場合の、「立ち上げコンサル」を行います。

 

  (2)「サービス付き高齢者向け住宅」セミナーの実施

          @医療法人向け「サ高住運営のポイント」

      A土地オーナー向け「サ高住・土地有効活用のポイント」

      B建設会社向け「サ高住建設のポイント」